車ガラスコーティング/ルームクリーニングのことなら栃木県宇都宮市で展開しているボディケアショップNAKAMURA

HOME > ボディ磨き

ボディケアショップNAKAMURAの「ボディ磨き」

ボディコーティングの仕上りを左右する重要な技術が「下地処理」と いわれる塗装の研磨作業です。コー ティングそのものにボディのトラブルや傷を修復する性能は無く、こまかな傷やくすんで色あせた塗装は「磨き」や「ポリッシュ」と言われる下地処理技術で復元します。
愛車のボディに付いてしまった「洗車キズ」や「雨ジミ」等のトラブルを取り除く作業なのですが、わかりやすく言えば「ボディの塗装面を削る」という作業です。 クリア層の肌を極限まで磨き、鏡面仕上げにすれば仕上りは最高にキレイかもしれませんが、塗装膜の寿命は確実に縮みます。 したがって当店では、お車の塗装面の状態と施工するコーティングの種類、ボディカラーや 年式、使用頻度等を総合的に判断して、お客様に 最適なボディ研磨プランをご提案しております。


ボディケアショップNAKAMURAが提案するポリッシュプラン

ボディショップNAKAMURAでは、ボディコーティングにもっとも重要な「下地処理」(磨き)の価格を基準化することで、お客様のお車の状態やご予算に応じたプランを作成し、満足いただけるサービスを提案いたします。

主に塗装表面上にダメージのないお車を対象とし、塗面に付着している鉄粉などの粒子状汚染物質の除去や特殊洗浄により表面の汚れ落とし、 コーティングする上で最低必要な下地処理を行います。当店が現状を診断した上でも、研磨処理によるダメージ除去の必要のない新車限定の コースです。

ギアポリッシャーダブルアクションを使用した研磨処理により、塗装表面に固着した水アカや、ごく浅い傷を除去します。白やシルバーなどの淡色車で洗車傷やシミなどのダメージが気にならない方を対象とし、診断した上でダメージの少ないお車におすすめのプランです。

ギアポリッシャー、ダブルアクションを使用した研磨処理により、中軽度の深さ(ヘアライン程度)のキズを徹底除去します。また、雨ジミやイオンデポジットの付着などダメージの多い濃色車(黒い車)におすすめのプランです。5~6工程の下地処理で、新車時に近い状態に戻します。

ビンテージカーや、オールペイントを施した車など、塗装のコンディションが低下しているお車が対象です。ペーパーサンディングを含む6工程以上に及ぶ研磨処理を徹底的に行い、ます。通常であれば可能な限り無傷の塗面状態に仕上げます。また、ダメージ塗装などは可能な限りの原状回復仕上げをいたします。
尚、このプランはダメージの程度により深い研磨処理技術を必要とする場合があります。オーナー様と綿密にお打ち合わせをさせて頂き、納得していただいた上での対応となります。